協会の紹介

リビングでもグラウンドでも

​   サッカーがすぐそばにある

 

 今から50年位前、鹿島のサッカーは誕生しました。その頃は、少しだけサッカーをかじった近所のおじさんや大学生が、子どもたちを集めて一緒にボールをける程度の“草サッカー”でしたが、子ども達はたちまちサッカーのとりこになっていきました。

 月日を重ねるほどに、ボールを蹴る子ども達の数は増え、鹿島にも、浜にも、古枝にも、七浦にも、北鹿島にも少年サッカーチームが誕生しました。しばらくすると、小学生も中学生も高校生も、九州大会や全国大会へ出場し、鹿島のサッカーは、県下でも指折りの地域の一つに成長していきました。Jリーグが始まり、日本のサッカーが世界の舞台に登場し、多くの若者が海外で活躍し出した頃、鹿島の地から4人ものJリーガーが誕生しました。

 未来に向かって翼を広げ、今飛び立とうとしている君達は、鹿島のサッカーの未来を築く原石です。このホームページには技を磨くヒントや心に芽生えた疑問を解決していくヒントや仲間とつながるきっかけがたくさんつまっています。

 夢を描き、日々トレーニングに励む選手の皆さん、皆さんの夢の実現に力を添えるコンテンツをみんなのアイデアで充実させていきましょう。“リビングでもグラウンドでもサッカーがすぐそばにある”私たち鹿島のサッカーファミリーの未来を一緒に創っていきましょう!

​鹿島市サッカー協会 会長 大宅輝行